これだけは頭に入れておこう!レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いを見分けるコツ

バーチャルオフィスとレンタルオフィスには一体どのような違いがありそうでしょうか?まず出てくるのは利用者の方の目的がそもそも大きく違うということです。バーチャルオフィスを利用する方は、『初期投資にオフィスを借りるほどのお金はかけられない(もしくはかける必要のない仕事に就いている)けれども、中長期的に仕事をしていく為には信頼感のある住所を確保しておきたい』という想いを抱えている場合が多いです。

一方レンタルオフィスを利用したいと思っている方はそもそも物理的なオフィスを構える必要がある仕事(例えば面談、面接が多いようなもの)に就いている方の需要が多いです。従ってバーチャルオフィスとレンタルオフィスではサービスを提供するターゲット層が大きく違う事が分かっていただけたかと思います。

それに加えて利用料金に関しても大きく差があります。バーチャルオフィスの場合は一等地の住所を貸し出していたとしても5,000円程度の相場の所が多いです。レンタルオフィスは正直ピンキリといった感じで都心の利便性の高い土地であればあるほど高値になってくる傾向にあります。あえて平均の月額料金を求めるならば50,000円程度といったところでしょうか。

バーチャルオフィスの平均月額料金=5,000円

レンタルオフィスの平均月額料金=50,000円

なんと10倍程度の差が発生してきてしまいます!しかしこの比較をしてしまうとまるでレンタルオフィスが異常に高い金額設定をしているように思われますが、そんなことはありません。レンタルオフィスは物理的なオフィスを貸し出すサービスなので、バーチャルオフィスとは違い施設維持費などが利用料金に含まれますのでしょうがない部分があります。

また、自宅からよほど近い距離でない限りレンタルオフィスを利用する上では通勤が発生しますが、バーチャルオフィスは会議や商談がない限りは通勤が発生しません。細かいですが通勤という点でみてもバーチャルオフィスとレンタルオフィスには差が出てきます。

これだけは頭に入れておこう!バーチャルオフィスを使って銀行口座を開設するコツ

この記事ではバーチャルオフィスでの銀行口座を開設するための条件を大きく2つのパターンに分けて記載しています。


【事前準備編】

・Webサイト/HP

→法人口座を開設する上で事業実態がちゃんと存在する事をアピールするのは非常に重要です。例えば自分の事業を紹介するHPを作るというのは無料かつ誰でも出来る時代になっています。銀行の審査担当者からすると『最低限の努力』の範疇になってくると言えるかも知れません。本当にやる気がある方なら誰に指南されることがなくとも自ずと作っていた、という事もあるでしょう。まずはHPを作る事から始めてみましょう。

・固定電話番号 ※市外局番始まりがベター

→固定電話番号を持っている事を開設条件にしている銀行が多いのでぜひ用意しましょう。そうすることでより多くの選択肢から選ぶことが出来ますし、開設の難易度を低くすることにも繋がります。バーチャルオフィスで固定電話番号を貸してくれるサービスがありますので、初期コストとして入れておくべきだと言えます。

・審査に必要な書類の準備

→会社定款、履歴事項全部証明書、印鑑証明書、身分証明書(代表者の写真付き)

④事業実態の証明に必要な書類

→会社概要、事業計画書、バーチャルオフィスとの契約書、履歴書や職務経歴書


【バーチャルオフィス選択時の注意点編】

・過去に犯罪歴がない住所

→自分が検討しているバーチャルオフィスの住所が犯罪によって汚れていないかを確認する事は必ず行いましょう。銀行の審査担当者の方も口座開設における必要書類に本店所在地、つまり事業用住所を記載する訳ですが、あなたの事業がどれだけ真っ当なものであっても汚れた住所を記載してくれる事はまずありません。銀行のデータベースにブラックリスト入りしてしまっている場合もアウトです。事前に国交省のHPで検索をしてみることをお勧めします。

・住居用の建物にあるバーチャルオフィスは契約を控える

→居住用建物にバーチャルオフィスを構えているような所は、銀行の方からすると過去にマネーロンダリング等の犯罪で不正に利用をされてしまった業者があったイメージが強いので印象が非常に低くなってしまう恐れがあります。今後事業を継続していく事を考えても会議や商談で使う事も考慮するとそういった立地は避けた方が良いかと思います。

③銀行の担当者へ熱意を伝える

→審査担当者の方からの印象を下げない努力をしましょう。例えば社会人としての身なりをきちんと整えたり、必要書類は完ぺきに準備することが重要です。事業内容については当然ですが細かく丁寧にきちんと伝えるように心がけましょう。

④法人口座は本店所在地の最寄り銀行で

→自分が契約するバーチャルオフィスの本店所在地と法人口座開設予定地の銀行は特別な理由が無い限り最寄りの場所にしましょう。同じ地域に無ければ多少遠くなってしまっても一番近ければ大丈夫です。

これだけは頭に入れておこう!バーチャルオフィスの審査に合格するコツ

【審査担当者の方と接する際に気を付ける事】

・バーチャルオフィス審査担当者の方はあなたがやる事業も含めて、ちゃんとした人物かどうかも見ています。仮に審査が通ってサービスの利用者になった場合に他の利用者に迷惑を掛けないという最低限のルールも守れないようではバーチャルオフィスサービスを利用出来ません。社会人としての当たり前の事が出来る、というのが重要です。

・例えば会話のキャッチボールが出来ない、自分の要求を一方的に押し付けてしまうといったような事は言語道断です。気を付けましょう。

・バーチャルオフィスの審査担当者の方からの質問に丁寧に答える事も重要です。審査担当者の方は具体的な事業内容を調べる為に確認や質問が入ります。それに一つ一つ誠実に回答していく事が審査通過への近道だと考えた方が良いでしょう。オフィスの移転が過去に何回かあった場合でも正直に理由を説明すれば正当なものであれば大丈夫です。隠し事が無い状態をしっかり作っておきましょう。

・サービスの申請時にまだ売り上げが経ってないケースもあるかと思います。そんな場合でも自分の事業に関しては正確に伝えるように意識しましょう。やろうと思っている事がグレーだったり法律違反になってしまっていればもちろん審査は通りませんが、、。


【どういった事業はNG?】

・公序良俗に反する事業はもちろんNGです。例えばあるバーチャルオフィス運営会社はアダルト、ギャンブル、ネットワークビジネス、情報商材販売、出会い系、政治活動、宗教活動、活動目的が不明瞭な団体 等かなり妥当な線引きをされているかと思います。この基準は業界のスタンダードになっている場合が多く、参考になると思います。バーチャルオフィスとしてはサービスの提供が困難になってしまうのが一番の打撃であり、その一番の原因は貸し出している住所が犯罪に巻き込まれ汚れてしまい価値がなくなってしまう事にあります。バーチャルオフィス運営側のこういった事情もくみ取っておけるとバーチャルオフィスに対する理解が深まっていきますのでおすすめです。