これだけは頭に入れておこう!バーチャルオフィスの注意点

バーチャルオフィスを契約する上で気を付ける事がありますので以下ご説明していきます。

バーチャルオフィスサービスを使い法人登記をするということは、物理的なオフィスを基本的には借りないという選択肢になると思いますが、その際は当たり前ですが自宅やカフェ、コワーキングスペースなどを自分で探す必要があります。自宅に作業環境が整っている場合には何も心配はないかと思いますが、それが難しい時には他の場所を確保する必要があります。理想的なのはバーチャルオフィスの契約と作業場所の確保を同時並行で行ってしまうことです。少し大変かも知れませんが頑張りましょう。

そして各バーチャルオフィスは基本的に登記住所に届いた郵便物を指定された住所に転送するサービスを提供しています。週一回程度まとめて送付するのが一般的なやり方となっています。ということは例えば月曜日に届いたものがあったとして転送が毎週金曜日だった場合、郵便物到着日から4日後にあなたの元に届く計算になり、先方がリアクションを急ぐような内容だった場合少し不便さを感じる場面が発生するかも知れないということです。対処法としてはバーチャルオフィスに自分が受け取りに行ってしまうことですが、そういった事を踏まえるとあまり自分が住んでいる場所から遠い所と契約するのはお勧めできません。