これだけは頭に入れておこう!バーチャルオフィスを東京進出に使う

【低リスクで東京へ!!】

→地方に進出をしたいと考えている場合、一般的には賃貸オフィスを借りて現地で人を採用して、、というパターンが通常だと思います。敷金礼金その他のお金がかかることを考えるとなかなか一歩踏み出せない方は多いと思います。

レンタルオフィスの月額料金の相場はバーチャルオフィスのものと比べると10倍以上の差があります。逆に言えばバーチャルオフィスサービスを使えば圧倒的な低価格で東京進出という目標を叶えることが出来ます。

東京に住所が持てると、名刺に記載することが出来ますよね。もちろんHPにも記載することが出来る訳ですから、それを見た方は全国を相手に仕事をしていると思ってくれることでしょう。幅広い地域から仕事の受注を狙うことも出来るでしょう。

本社を構えている地元でのイメージアップも期待出来ます。東京に進出し、支店を増やした=業績が好調というイメージも付きやすいですし、ブランディングがしやすいですよね。こういった部分もメリットになりえます。

次にどういうバーチャルオフィスを選ぶかという問題ですが、住所を重視すべきということは言うまでもありません。全国的に知名度のある住所を借りることが出来ればビジネスがスムーズに進んでいくことでしょう。

自分が求めている設備があるか、オプションが揃っている所がどうかも見れると良いかもしれません。出来れば事前にリストアップをして備えることが出来るとベターです。

HP等で情報を確認した後に実際にそのオフィスを見学してみましょう。その際にはそのオフィスまでの道のりなども細かくチェックをしておきましょう。