これだけは頭に入れておこう!バーチャルオフィスの審査に合格するコツ

【審査担当者の方と接する際に気を付ける事】

・バーチャルオフィス審査担当者の方はあなたがやる事業も含めて、ちゃんとした人物かどうかも見ています。仮に審査が通ってサービスの利用者になった場合に他の利用者に迷惑を掛けないという最低限のルールも守れないようではバーチャルオフィスサービスを利用出来ません。社会人としての当たり前の事が出来る、というのが重要です。

・例えば会話のキャッチボールが出来ない、自分の要求を一方的に押し付けてしまうといったような事は言語道断です。気を付けましょう。

・バーチャルオフィスの審査担当者の方からの質問に丁寧に答える事も重要です。審査担当者の方は具体的な事業内容を調べる為に確認や質問が入ります。それに一つ一つ誠実に回答していく事が審査通過への近道だと考えた方が良いでしょう。オフィスの移転が過去に何回かあった場合でも正直に理由を説明すれば正当なものであれば大丈夫です。隠し事が無い状態をしっかり作っておきましょう。

・サービスの申請時にまだ売り上げが経ってないケースもあるかと思います。そんな場合でも自分の事業に関しては正確に伝えるように意識しましょう。やろうと思っている事がグレーだったり法律違反になってしまっていればもちろん審査は通りませんが、、。


【どういった事業はNG?】

・公序良俗に反する事業はもちろんNGです。例えばあるバーチャルオフィス運営会社はアダルト、ギャンブル、ネットワークビジネス、情報商材販売、出会い系、政治活動、宗教活動、活動目的が不明瞭な団体 等かなり妥当な線引きをされているかと思います。この基準は業界のスタンダードになっている場合が多く、参考になると思います。バーチャルオフィスとしてはサービスの提供が困難になってしまうのが一番の打撃であり、その一番の原因は貸し出している住所が犯罪に巻き込まれ汚れてしまい価値がなくなってしまう事にあります。バーチャルオフィス運営側のこういった事情もくみ取っておけるとバーチャルオフィスに対する理解が深まっていきますのでおすすめです。