これだけは頭に入れておこう!バーチャルオフィスの基礎知識

バーチャルオフィスはどうやってサービスが広がってきたのでしょうか?そもそもは2006年頃から使われ始めたと言われていますが、近年はパソコンを一人一台持つ時代となり、コロナ後の新生活様式を採用して、人々がリモートワークを行う時代になりました。バーチャルオフィスが提供している法人登記用住所を貸し出すといったサービスは今後の時代にフィットしたものになりやすいと思われ、ますます需要が伸びてくるでしょう。

バーチャルオフィスが提供しているサービスに他にどんなものがあるかというと、貸し出した住所に届いた郵便物を利用者が指定した住所に転送してくれる郵便物転送や、必要であれば商談用の会議室を時間貸ししてくれるものがあります。

各オフィスによって様々ですが、オプションでオフィス用品を備品として用意しているところもありますし、シェアオフィスやコワーキングスペースを同時に提供している所もあります。自分の使い方にフィットしたオフィスを見つけられると良いと思います。

バーチャルオフィスの優れている点はレンタルオフィス等に比べ圧倒的に初期費用をかけることなく起業の準備をすることが出来る点です。自分に何かやりたいことが出来た時にローコストで取り掛かれる環境を作ることが出来るのでぜひ、利用を検討してみてください。

しかしながら、弁護士・税理士・司法書士、有料職業紹介業、宅地建物取引業は現状開業が出来ません。特定の許認可が必要となってくる為です。中小企業診断士・弁理士・会計士・社会保険労務士は可能となっていますので頭に入れておいて下さい。

また、頻繁に商談や面談で会議室を利用する様な職種の方はオプションの料金がかさんでしまう可能性が高いので、バーチャルオフィスとはあまり相性が良くないかも知れません。オフィスには通うことなく住所だけ借りて仕事は自宅やコワーキングスペース、取引先企業などで行う人に合うサービスという特徴をバーチャルオフィスは持っています。

自分が検討しているオフィスが過去に犯罪によって汚れていないか確認を行っておくのも重要です。相場の平均価格からすると非常に安い金額を設定していたりする場合には気を付けましょう。念のために国土交通省のデータベースで調べてみることをお勧めします。

また、バーチャルオフィスを使えば自宅で登記をすることを避けることが出来るので、特に女性に関しては特にお勧めと言えます。